婚活サイトは危険?ネット婚活安全ガイド

ネット婚活に潜む危険は大きく分けると2つあります。

・サイト自体の危険
・会員が及ぼす危険

このうち「サイト自体の危険」というのは、
利用者の多い大手有名サイトに入会しておけばほぼ問題ありません。

欲を出して妙なサイトに引っかかるから不正請求やサクラの被害に合うのです。
「無料」を変に強調しているサイトには注意しましょう。
無料で利用できる婚活サイトなんてありません。

婚活サイトの安全

こうした危険に注意しよう

ネット婚活で遭遇する危険のほとんどは会員がもたらす危険です。
そしてこれも大きく2つに分類できます。

・詐欺系の危険
 サクラ・勧誘業者・結婚詐欺・ヤリ目

・対人トラブル系
 逆恨み・ストーカー被害・隠し事によるトラブル

詐欺系の特徴は「初めから向こうは騙すつもり」だということ。
美味しそうなエサで釣ってあなたを喰い物にしようとします。

対人トラブル系の場合は、最初から向こうに悪意があるワケではないのだけれど、
結果的に起きてしまう危険です。

ネット婚活の代表的な危険やトラブル

勧誘業者
宗教団体への勧誘やモノを売りつけるのが目的で婚活サイトに登録している人が
たまに紛れているので注意。
妙な投資話を持ち掛けてきたり、変な展示会などに誘ってきたら、
その人は勧誘が目的の「業者」です。
婚活サイトで出会った人からは物を買わない、団体などには入らない!


ヤリ目
ヤルことだけが目的、体だけが目的の男性会員のことを指します。
見るからに遊び人みたいに見える人もいれば、そうじゃない人もいます。
外見だけで判断しないように。


ストーカー被害
粘着質の人は一歩間違うとストーカーに豹変します。
メールや会ったときの印象で危険な兆候はけっこう読み取れるので、
しっかり観察しておきましょう。
断るときはしっかり断る。変な希望は持たせない。
安易に住所や携帯番号は教えない。


隠し事によるトラブル
借金がある。通院歴がある。兄弟がニート。教団の信者
人はみんないろいろ事情を抱えています。
隠し事は後々トラブルのもとになる可能性が大きいので、
時期を見計らって相手に話しておきましょう。
反対に相手にも隠し事があるかもしれないので、
話の曖昧な部分はきちんと確認するように。
とにかくコミュニケーションをしっかりとることです。


ネット婚活の良し悪し

いずれにしろここまでご紹介した危険の多くは、
ネット婚活独特の危険というわけではなく、
大学のサークルとかバイト先で知り合っても遭遇しうる危険です。

ただネット婚活の場合、「婚活」で利用しているという事情もあって、
思いのほか被害が拡大するケースが多く見うけられます。
精神的なダメージも含めて。

ちゃんとした大手婚活サイトを利用して、
慎重に行動するよう心がければ大半のトラブルは避けることが可能です。
気になることがあるときは友人の意見も仰ぎましょう。

ネット婚活は異性間のトラブルは起きますが、
妙なしがらみがない分、同性とのトラブルには会いにくい婚活法です

婚活サイトでは同性の人と交流することはまずありません。
だから異性をめぐっての対立などは起きにくいのです。

親友と同じ人を好きになってしまって・・・とか、
同じ会社の人と付き合い始めたらお局様のいびりが始まって・・・とか、
日常でよく起きるそういうトラブルとは無縁でいられます。




▲ページの先頭へ

婚活

婚活サイトの詳細情報

婚活サイト初心者ガイド

プロフィールの書き方

メール講座

掲載する写真のコツ

活動のポイント

特集記事

婚活サイトをもっと活用