婚活サイトでの写真の公開範囲は自分で選べる

ネット婚活とはいえやはり「婚活」ですから、
当然自分の顔写真を公開して活動するものだと思って入会すると、
写真をプロフィールに載せている人が案外少ないことに驚くかもしれません。

ネット婚活では写真の公開範囲が選べます。
特定の人にだけ写真を見せることもできるので、
完全にオープンにしている人は少ないのです。

写真の掲載パターンは3種類ある
①全員に公開
②仲良くなった人にだけ見せる。
③写真なし


仲良くなった人にだけ写真を公開してる人が多い

婚活サイトの写真公開


幽霊会員を除き実動会員だけに絞って話すと、
①の「写真を全員に公開している人」は30%~40%。
②の「仲良くなった人にだけ公開」は50%ほど。
写真をまったく用意してない人も
全体の10%~20%ぐらいはいます。

女性に比べて男性の写真掲載率はわりと高くなり、
サイトによっても掲載率の高いサイトと低いサイトに
分かれます。

ネット上に自分の写真を載せることの抵抗感や
プライバシー保護の観点から
非公開にしたがる人が多いのですが、
全員に写真を公開することにはひとつ
大きなメリットがあります。

それは申し込みの件数が飛躍的に増えること

ルックスのいい人なら20倍とか30倍にまでなります。
それほど容姿に自信がない人でも5倍ぐらいは違ってくるはず。

写真を掲載している人にしか申し込みをしないという人は
結構います。

②の「仲良くなった人にだけ公開」の場合は
メール交際がスタートした相手にだけ自分の写真を見せる感じになります。
申し込み件数は少なくなるので、
少ないチャンスをモノにしていくことが要求されます。

自分が写真を公開しないと他の会員の写真も見れない!?

自分が写真を全員に公開しないと他の会員の写真も見れないようにしているサイトがあります。
エキサイト恋愛結婚やYahooお見合いなどはこの方式です。

自分の写真の公開範囲を②の「仲良くなった人にだけ公開」に設定している人は、
①の「全員に公開されている写真」を見れないのです。
①が見れるのは①だけとういうシステムです。

全員に公開されている写真を見たいなら、
自分も写真を全員に公開しないといけません。

ブライダルネットではこのシステムは採用されておらず、
会員なら誰でも無条件で①の写真は見れます。




▲ページの先頭へ

婚活

婚活サイトの詳細情報

婚活サイト初心者ガイド

プロフィールの書き方

メール講座

掲載する写真のコツ

活動のポイント

特集記事

婚活サイトをもっと活用