ネット婚活で相手に会うタイミング

メール交換をしばらくして相手のことがわかってきたら、
いよいよ実際に会うことになります。

ネット婚活での相手に会うタイミングというのはケース・バイ・ケースで、
相手によってけっこう違ってきます。

しかしある程度の目安を挙げておくと、

メール交換 10往復~20往復
日数にすると 2週間~1ヶ月

もちろんこれより早く会うケースもあるし、遅くなるケースもありますが、
だいたいこのぐらいが標準だと思ってください。

会うタイミング

会うまでにクリアしないといけない問題

会うまでに時間が掛かるケースというのは、
どうも安心感が持てない相手やいまいち魅力を感じない相手の場合。

学歴とか年収とかに惹かれて一応メール交換を始めたけど、
どうも人として信用出来ない、魅力を感じない。
そういう場合は積極的に会う気持ちになれずに
いつまでもメール交換をズルズル続けることになりがち。

逆を考えてみると、
もしアナタがいい大学を出いて年収もかなりあるのに、
なぜ会う段階まで進めないケースが多いと悩んでいたら、
それはメールで失敗している可能性があります。
おそらく顔・外見ではありません。
メールの注意点の解説ページをもう一度読み直してみてください。

ネット婚活のメールで失敗するパターン

なまじっか学歴や年収などのスペックが高いために、
バッサリ切られず蛇の生殺しのような状態になるのはよくあること。

メールをもう一度見直しましょう。
会う決断を下すには相手への信頼が絶対の条件となります
相手の信頼を勝ち取らない限り会ってもらえないし、
逆にそこさえクリアできればもっと早い段階で会うことも可能です。

会うときの心構え

相手と最初に会うときはデートではありません。
お見合いです。

そのつもりでデートプランを考えないといけません。
恋人気分になるにはまだ早いです。
実際に会って感触を確かめるのが最大の目的で、
ふたりの時間を楽しんだりするのはまだもう少し先の段階。

このことを理解していないと馴れ馴れしい態度を取ってしまったり、
いきなり長時間のデートプランを立てて相手に負担をかけたりします。

とくに女性は関係の進展に慎重です。
だから男性側は、自分の感覚よりふたりの関係がスローであることをおぼえておきましょう。

はじめて会うときの誘い方

メールを10往復ぐらいすれば機は熟したと考えてもいいでしょう。
会うことを提案すのは男性女性どちらでも構いません。

誘ってから会うまで一週間ぐらいの余裕は欲しいです。
明日とか今日これからなどは失敗のもと。

「このあいだ話していたお店に今度行ってみませんか?」みたいな感じで
大義名分を用意できたらスムーズに誘えます
美味しいお店とかよく行くスポットなどのタウン情報を
事前に話題として振っておくといいでしょう。

最初の面接は2時間~3時間ぐらいで済ませるのが普通です。
初回からいきなり遠方へドライブなど問題外。

休日の昼間に、以前メールで話してたお店でランチ。
このあたりがベスト。

実際に会ってみると全然好みでなかったということも考えられるので、
最初から短時間の約束で会うのが無難です。
気の合わない相手と一日中過ごすことになると悲惨なので。

喫茶店やカフェでお茶を飲むだけでもいいです。
とにかく初回は短時間で。

こうしたデートプランは誘った方が考えます。
誘うだけ誘っておいて、お店とかはアナタが考えてというのでは嫌がられます。

待ち合わせ場所や日時やお店などをしっかりと決めた上で誘うと、
OKしてもらえる確率は間違いなくアップします。


▲ページの先頭へ

婚活

婚活サイトの詳細情報

婚活サイト初心者ガイド

プロフィールの書き方

メール講座

掲載する写真のコツ

活動のポイント

特集記事

婚活サイトをもっと活用