婚活サイトの検索機能でどういう人を探せばいいのか?

入会したらさっそく検索機能を使って会員を見ていきます。
大手の人気サイトなどには強力な検索機能が備わっているので、
自分の希望する条件の人を簡単に見つけることが可能。

しかし・・・

この便利すぎる検索機能がかえって婚活の邪魔をしていることをご存知ですか?

いろいろ条件を設定出来すぎる検索機能

ネット婚活 検索



住んでいる県や年齢はもちろん、
タバコやギャンブルやお酒など
いろいろな条件を打ち込むことが
出来ます。



子供が欲しいかどうかや
共働きがOKかどうかなど
結婚を意識した項目も並んでます



毎回希望の条件をいちいち
打ち込まなくていいように、
検索条件を記憶させておく機能
なども付いていて便利。



↑本当はこの下にもまだずらっと絞り込みの項目が並んでいます。
多すぎて画像に納まりきれませんでした。

とにかく条件をいくらでも絞り込める。
そのためつい間口を狭めすぎてしまうという落とし穴に。

理想を追い求めすぎていつまでたっても結婚できない人たち

婚活サイトは希望の条件を細かく打ち込めるから、
理想の人を簡単に探せるような気がします。

しかしこれがアダとなって自ら選択の幅を狭めてしまう人が多いのです。

タバコとかお酒とか車を持っているかとか、
そういった細かい条件を気にせず普通の人たちは付き合い始め、
結婚して行きます。

自分の結婚した相手がこうした絞り込み条件を完全に満たしているケースなんて
ほとんどないはずです。

ちょっと酒癖が悪い人だったとか、
車を持っていなかったとか、
いろいろ不満点はありつつも結婚して幸せに暮らしています。

ネット婚活のように希望条件をいくらでも設定できてしまうと
つい欲が出て理想を追い求めてしまい、
出会いの機会を自分で狭めてチャンスを逃してしまうので注意が必要です。

手軽に交流できるのだから間口は広く

求める条件が厳しすぎると婚活は上手く行きません。
自分の希望条件よりストライクゾーンをひと回り大きくとって
絞り込み検索をかけるぐらいでちょうどいいです。

結婚のことを考えた場合、
重要視した方がいい条件とわりとどうでもいい条件があります。

タバコを吸うかどうかなどは、どうでもいい条件ですよね。
こういったものは絞り込み条件に設定しない方がいいです。
本当に大事な項目だけを設定して
よけいな項目は省くようにします。

ネット婚活は手軽さや気軽さが長所なのだから
それを生かしてたくさんの人と接触してみればいいのです。

仲人型の結婚相談所などではお見合い料が1回1万円ぐらいします。
しかしネット婚活ではそうした料金は発生しないので、
どれだけ会ってもタダです。

結婚相談所のようにいきなり相手に会うのではなく、
まずはメールでやり取りを行うので気軽に交流が可能です。
深刻に考えずにストライクゾーンを広くとってたくさんの人と
とりあえずメールしたり会ってみたりすればいいのです。

それがネット婚活の利点なのだから。


▲ページの先頭へ

婚活

婚活サイトの詳細情報

婚活サイト初心者ガイド

プロフィールの書き方

メール講座

掲載する写真のコツ

活動のポイント

特集記事

婚活サイトをもっと活用