ネット婚活で相手に本名などを教えるタイミング

ネット婚活の個人情報
婚活サイトは匿名で活動できるので、
自分の個人的な情報を知られることなく婚活できます。

しかしメール交際を初めて関係が深まってくると、
いつまでも匿名というわけにもいかなくなってきます。

ではどのタイミングで本名を相手に教えればいいのか?

この問題はケース・バイ・ケースの部分も大きいのですが、
婚活サイトを利用している他のみんなは
どのようにしているのかを知っておくことは
参考にになるはずです。

相手を信頼できるまでは下の名前だけでもOK

本名などを教えるタイミングは会う約束をした直後というのが一般的。

会う約束をする時点である程度相手のことを信用しているワケですから、
ここで教え合うのが当然といえば当然です。

お互いに本名と携帯のメールアドレスを教え合い、当日に顔を合わせる。
こういう感じでやっている人たちが多いです。
携帯のメールアドレスはこの段階で教えてないと、
当日待ち合わせ場所で連絡がつかないという事態になりかねません。

しかしこれも相手によりけりで、
中には完全に信用していない段階で会うことになるケースだってあります。

そういう場合は本名をフルネームで教えるのではなく、
下の名前だけを教えます。

サイト上のニックネーム ⇒ 下の名前だけ ⇒ 本名フルネーム

こういうふうに段階を踏んで個人情報を明かす方法は、
ネット婚活ではよく採られています。

同様に、携帯のメールアドレスを教えることに不安を感じる場合は、
フリーメールのアドレスやLINEのIDなどを、
とりえず教えることもよくあります。

まだ本名などを教えたくないときはハッキリ断る

大抵男性の方から名前や携帯のアドレスを教え合おうと提案してきます。
しかしその時点でまだ教えたくないならハッキリと断りましょう。

相手が本名や携帯のアドレスを開示したとしても、
自分がそれに応じる義務などありません。

個人情報の開示はお互いの了解の元に行うのが大原則
先に相手が本名などを名乗ったとしても、まだ自分は抵抗を感じるなら断りましょう。

「名前を教えるのはもうちょっと仲良くなったあとでもいいですか?」
「今はまだ抵抗を感じるので、下の名前だけでいいですか?」

こんな感じでまだ自分は教えたくないということをしっかり伝えましょう。

「こっちは教えたのに、そっちだけ教えないとは何事だ」などといって怒る人がいたら、
もうそういう人はさっさと見切りをつけてしまいましょう。
相手の気持ちを思いやれない独善的な性格である可能性大です。
名前を教える教えないは相手の本性を見極めるチャンスでもあるのです。


▲ページの先頭へ

婚活

婚活サイトの詳細情報

婚活サイト初心者ガイド

プロフィールの書き方

メール講座

掲載する写真のコツ

活動のポイント

特集記事

婚活サイトをもっと活用