婚活サイトのプロフィールを書くときは具体的に

「プロフィールは具体的に」

よく耳にする言葉だと思います。
しかし具体性を意識しながらプロフィールを書いても
どうも上手くいかない。

そういう人の方が多いようです。

プロフィールを具体的に書くにはいくつかポイントがあるので、
それを意識するようにしてください。

理由も書いておく

「趣味について書くときはなるべく具体的に。
ただ映画鑑賞と書くだけでなく、どの作品が好きなのかも書いておきましょう」

ここまではみなさんわかっていると思います。
それでもどうも具体性に欠けるような気がするのは、
理由が書いていないからです。

「好きな映画はタイタニックです」と書くだけでは
その人の人柄はやはり見えてきません。

「危機的な状況でも相手を思いやる気持ちに胸を打たれました」
などのように根拠が示されているとプロフィールに血が通います。

感情を表す

ただ自分のことを書き連ねただけではデータ表と同じです。

「新しい時計を最近買いました。数字の部分が七色に光ります」
これでは事実を並べただけの説明分でしかありません。

「最近買った時計は文字盤が七色に光ってきれいなので、会う人みんなに見せたくなる」
こういう感じで表現すると自分の個性を表現できます。

どんな時計を買ったのかはあまり重要ではなくて、
やはり大事なのはそれを自分がどう感じているかです。

このときも気をつけたいのはネガティブな感情は極力書かないこと。
ポジティブな感情だけを書くようにしましょう。

情緒を忍ばせる

「住所は東京都墨田区。インコを飼ってます。乗っているバイクはCB400スーパーフォア」
このように情報をいくら並べても了解されて終わりです。
相手の感情を動かすところまでいきません。

興味を持ってもらうには相手の感性に訴える部分が必要です。

そのためには少し詩的な表現を使うという方法があります。

「オカメインコを飼っています。空を飛べる彼らがときどき羨ましくなります」
「夜明け直前の輝き始めた海の色が好きでよく深夜にバイクで出かけます」
「住んでいる街のどこからでも東京スカイツリーが見えます。
おかげで青空を見上げる機会が増えました」

こうした表現がちょっとした彩りとなって
プロフィールを人間性豊かなものにしてくれます。



ネット婚活のプロフィール講座


▲ページの先頭へ

婚活

婚活サイトの詳細情報

婚活サイト初心者ガイド

プロフィールの書き方

メール講座

掲載する写真のコツ

活動のポイント

特集記事

婚活サイトをもっと活用