バレずにネット婚活するコツ

ネット婚活はバレにくい

婚活していることが周囲にバレないか気になりますよね。
とくに親と同居している人だと尚更です。

しかしネット婚活はもともとまわりにバレにくい婚活法です。

結婚相談所のように資料や会報誌が自宅に送られてくることもありません。
お見合いパーティーに毎週出掛けていると、
家族にも怪しまれますが、
ネット婚活はパソコンやスマホでのメール交換が主な活動です。
出掛けることがあってもたまに交際が成立した相手に会いにいくぐらい。

スマホで全部ことが済んでしまうから、
家に家族用のパソコンが1台しかない人でも、
安心して活動できます。

まわりにバレる原因第一位は写真の掲載

婚活サイトを利用していることがバレる原因の第一位は、
やっぱり掲載している写真です。

どうしてもまわりに知られたくないなら、
写真を掲載せずに活動しましょう。

プロフィールには本名ではなくハンドルネームが使われるので、
名前からバレる心配はいりません。
写真さえ載せなければ、
誰にも知られずに活動していけます。

とはいえ写真を載せるのと載せないのとでは、
申し込みが来る数が全然違ってきます。
年齢的にあとがなく切羽詰まっている人にとっては、
このへんは悩みどころです。

バレないことを最優先するか、
申し込み数を優先するか。

バレにくい写真を掲載する

どの婚活サイトでも異性の写真は見れますが、
同性の写真は見れないようになっています。
同性側からバレる心配はないのですが、
やはり異性側からバレる危険がある以上不安ですよね。

そこで考えられる対策は、
バレにくい写真を載せるという方法。

一目見て自分だとわかる写真だと危ないので、
普段の自分とは雰囲気が違うものにする。
もし「これアナタでしょ?」と聞かれても、
違うよと言えるような写真を用意するのです。

バレにくい写真
・遠くから撮影した顔が分かりにくいもの。
・髪型がいつもと違う。
・メイクが普段と違う。
・いつもは着ないような服装で撮影。
・制服などで偽装。
・メガネをかける(はずす)


こんな感じで工夫すれば、
結構バレないものです。

とくに偽装は強力なカモフラージュ法。
ヤフオクや通販で看護師などの職業ものの制服を入手して、
その格好で写真を撮ります。

その職に就いてはいないのだから、
「これアナタでしょ?」と言われる危険性は大幅に減ります。

交際相手が出来たら、本当のことを早い段階で打ち明け、
制服はコスプレ用としてあとあと再利用しましょう。


>> 特集記事の一覧へ戻る


▲ページの先頭へ

婚活

婚活サイトの詳細情報

婚活サイト初心者ガイド

プロフィールの書き方

メール講座

掲載する写真のコツ

活動のポイント

特集記事

婚活サイトをもっと活用